ツアー編集画面で行き先を設定する

行き先機能は、RICOH360 Tours 管理コンソール、モバイルアプリの両方で設定できます。

行き先は、バーチャルツアー内で移動したい場所の画像ごとに設定することができます。
矢印をクリックすると実際に歩いているような感覚でバーチャルツアーを体験することができます。

Screen_Shot_2021-03-09_at_5.55.10_PM.png

 

行き先機能の設定手順

tourpath-min.gif

  1. RICOH360 Tours の管理コンソール app.ricohhtours.com にログインします。
  2. 行き先を追加したいバーチャルツアーを選択します。
  3. 画面の右上にある________.png をクリックします。
  4. 行き先を追加したい画像のサムネイルをクリックします。左側のFromウィンドウに画像が表示されます。
  5. 移動させたい画像のサムネイルを、左の[From]ウィンドウの画像にドラッグ&ドロップすると、矢印のアイコンが表示されます。
  6. 矢印アイコンをドラッグ&ドロップすることで、矢印の位置を変更することができます。

行き先を設定したい各画像について、手順3~6を続けます。
右のウィンドウ(To)には、移動先の部屋が表示されます。Fromに行き先の画像を配置すると往復で矢印が設定されます。右の画像の矢印を場所を移動・削除することも可能です。

 

リンク先のイメージを確認する

行き先が設定されると、サムネイルの右上にアイコンが表示されます。アイコンをクリックするとどの画像にリンクが付けられているかを確認することができます。
image2.png

*矢印を削除したい場合

左側のFrom画像内の矢印をドラッグすると、画像の下部にゴミ箱のアイコンが表示されます。ゴミ箱のアイコンにドロップすると削除されます。


ツアーを閲覧すると、このようにツアーパスが表示されます。
Screen_Shot_2021-03-09_at_5.55.36_PM.png


矢印にマウスを置くと行き先の画像名が表示され、クリックすると移動することができます。

Screen_Shot_2021-03-09_at_5.55.56_PM.png

この記事は役に立ちましたか?

19人中17人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください