Let's Try! STEP1に必要なツールを揃えよう

 

バーチャルツアーを作成するために必要なものは3つ。

必要なツールを準備して、オリジナルのバーチャルツアーを作成してみましょう!

  1. RICOH360 Tours モバイルアプリのダウンロード
  2. 360°カメラ「RICOH THETA」
  3. カメラスタンド

1. RICOH360 Tours モバイルアプリのダウンロード

RICOH360 Toursアプリを使って、360°画像を使ったツアーを作成してみましょう。
アプリのダウンロードはこちらから。

android-1 ios-1
0c32a192a759c8d42138e481855fbcc707e309f2.png 229e0a7b179b3880ae02eef8c8a7c0d23c7963a1__1_.png

 

2. 360°カメラ「RICOH THETA」

RICOH THETAを購入する場合は、以下の手順で購入ページに進んでください。

  1. RICOH360 Tours 管理コンソールにログインします。
  2. 画面右上の「Screen_Shot_2020-12-22_at_8.04.28_PM.png」ボタンをクリックします。
  3. 360°カメラの購入をクリックします。
    buy_camera.png

上記で選択したRICOH360 Toursの製品ページから、ご希望のRICOH THETAを選択します。

 

3. カメラスタンド

360°カメラで撮影するためには、カメラスタンド(一脚)や三脚が必要になります。

リコーが提供するカメラスタンドは、360°画像への脚の写り込みが少なく、使いやすく持ち運びにも便利です。
stand.png

 

これで準備完了です。

次はバーチャルツアーの撮影に取り掛かりましょう!

 


バーチャルツアー作成の3ステップ

STEP 1 : モバイルアプリで360°画像を撮影してツアーを作成する ←Next!

STEP 2 : Webアプリで「行き先」と「マップ」を設定する 

STEP 3 : 物件、施設の詳細情報を入力し、共有する

この記事は役に立ちましたか?

9人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください