STEP2:Webアプリで「行き先」と「マップ」を設定する

バーチャルツアーの編集には、2つの優れた機能があります。

  • 行き先
  • マップ

STEP1で360画像の撮影方法がわかったところで、今度は[行き先]を使ってツアーをブラッシュアップしてみましょう。このステップでは、ツアーをより魅力的にする方法を学びます。

[行き先]の設定は、スマートフォンよりも画面の大きいパソコンの方が簡単なので、パソコンで行うのが良いでしょう。

 

パソコンでRICOH360 Toursのアカウントにサインインする
https://auth.ricohtours.com/login

 

「行き先」とは何ですか?

「行き先」は、画像を前後に移動できる機能です。
実際に部屋の中を歩いているような感覚で見ることができます。

tourpaths.gif

 

1. ツアーパスの追加方法

tourpaths.gif

  1. [行き先]を追加したいツアーを選択してください。
  2. 画面の右上にあるimage1.pngをクリックします
  3. パスを追加したい画像のサムネイルをクリックします。左側の「From」ウィンドウに画像が表示されます。
  4. 移動させたい画像のサムネイルを、左の「FROM」ウィンドウの画像にドラッグ&ドロップすると、矢印のアイコンが表示されます。
  5. 矢印アイコンをドラッグ&ドロップすることで、矢印の位置を変更することができます。

右ウィンドウには、移動先の部屋(リターンパス)が表示されます。右の画像の矢印の位置を今来たところに変更することで、クライアントがその部屋に移動したときに、今来た部屋に戻ることができます。

[行き先]を作成したい各部屋について、手順3~5を続けます。

 

2. フロアプランを使ってツアーを編集する方法

間取り図のアップロード

floormapuploas01.gif

  1. マップを追加したいツアーを選択します。
  2. [マップ] をクリックします。
  3. [追加] をクリックします。
  4. .jpgの画像データをドラッグ&ドロップするか、[マップをアップロードする]をクリックしてアップロードします。
  5. [マップ名]にマップの名前を入力します。
  6. [完了]をクリック

複数のフロアプランをアップロードすることができます。複数のフロアがある場合は、上記の手順でアップロードしてください。

 

フロアプランに画像をリンクする

220_Forest_Ave.gif

  1. サムネイル画像をドラッグ&ドロップして、「マップ」に配置します。
  2. [完了]を選択

 

~3つのSTEPでオリジナルツアーを作成!~

STEP1:モバイルアプリで自分で360°撮影してツアーを作成

STEP2:Webアプリで「行き先」と「マップ」でツアーをブラッシュアップ

STEP3:Webアプリでバーチャルツアーの完成と共有 ←Next!

この記事は役に立ちましたか?

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください