行き先の設定

2021年3月10日より、行き先機能を設定するための新しいユーザーインターフェースが導入されました。新しくなった行き先機能の管理方法をご覧ください。

https://help.ricohtours.com/hc/articles/360063869633

行き先機能はRICOH360 Tours 管理コンソールで作成できます。

行き先は、バーチャルツアー内で移動したい場所ごとに設定できます。エンドユーザーに行って欲しい場所にラベルを貼ることができます。ラベルをクリックするとその部屋に移動することができます。

Screen_Shot_2020-11-06_at_11.38.19_PM.png

 

行き先の設定手順

  1. RICOH360 Tours の管理コンソール app.ricohhtours.com にログインする
  2. 行き先を追加したいバーチャルツアーを選択する
  3. 行き先を追加する画像を選択する
  4. 画面右上にあるScreen_Shot_2020-11-06_at_11.02.05_PM.pngを選択する
  5. 行き先を編集をクリックする  
  6. 画像の中で、行き先を表示したい場所をクリックすると、吹き出しでツアーにアップロードした画像のリストが表示される
  7. 行き先に設定する画像を選択すると、行き先に設定した画像のラベルが追加される
  8. 行き先の設定を続ける場合は、ステップ4~7を続ける
  9. 完了する場合は、画面左上の「×」をクリックする


エンドユーザーがバーチャルツアーをご覧になる際の閲覧モードでは、下のキャプチャ画像のように行き先の矢印マークが表示されます。

Screen_Shot_2020-11-06_at_11.43.33_PM.png

 

エンドユーザーが矢印マーク上にカーソルを移動させると、行き先に設定した画像の名前とサムネイルが表示され、さらにクリックすると、その行き先に移動するかのように画像が遷移します。

Screen_Shot_2020-11-06_at_11.43.48_PM.png

この記事は役に立ちましたか?

4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください