概要

RICOH360 Toursは、他のバーチャルツアーサービスとどう違うのですか?

カメラ、モバイルアプリ、Webサイトはすべて自社製で、スムーズに動作します。処理の遅延がないので、最短15分でバーチャルツアーを作成することができます。

また画像も高品質で、作成できるツアーの数を制限することもありません。フル解像度のバーチャルツアーを安全なクラウド上に無制限に保存・共有することができます。
RICOH THETAで画像を撮影すると、HDR合成での撮影が可能です。明るさの異なる4枚の画像が撮影され自動的にキレイな1枚の画像として書き出されます。

 

撮影には何が必要ですか?

カメラから携帯電話、クラウドへスムーズにアップロードをするためには、RICOH360 Toursモバイルアプリが必要です。また、RICOH360 Toursのモバイルアプリを使用するにはRICOH THETA が必要となります。

お使いのモバイル端末のOSのバージョンやその他の問題により、アプリに対応していない場合は、パソコンの管理コンソールから画像をアップロードすることも可能です。  矢印の設定やバーチャルツアーの詳細設定をすることも可能なため、より充実したバーチャルツアーを作成することができます。

撮影時は三脚や一脚(スタンド)の使用を推奨しています。カメラを設置しモバイル端末と接続することで遠隔で撮影をすることができますので、人がいない空間の画像を撮影することができます。

 

カメラは回転して撮影するのですか?

いいえ、RICOH THETAの球体画像は、カメラの前後にある2つの超広角レンズで作られています。これにより、ワンタップで360°の画像を撮影することができます。そのため、部屋全体の撮影には数秒しかかからず、ほとんどの物件では30分以内に完全なバーチャルツアーを作成することができます。

 

RICOH360 Toursはどのようなモバイル機器で利用できますか?

バーチャルツアーを作成するために、現在、iOSとAndroidデバイス用のアプリを用意しています。また、現在サポートされているブラウザを使えば、パソコンでもバーチャルツアーを見ることができます。また、アプリ内で行ったバーチャルツアーの変更は、自動的に同期され、オンライン上に表示されます。

 

撮影したバーチャルツアーを共有するにはどうすればいいですか?

バーチャルツアーのURLリンクをメールやメッセンジャー、リスティング広告やFacebookなどに貼り付けることで誰でも閲覧することが可能です。
バーチャルツアーの共有について

 

スタンド(一脚)の特徴は何ですか?

RICOH THETAシリーズのスリムでコンパクトなRICOH THETA用スタンドは、撮影に最適です。カメラの台や脚が画像に写り込まないように小型化されており、ワンタッチで任意の位置で自動的にロックできる簡単に調整することができます。収納時の長さはわずか56cmで、最大152cmまで伸ばすことができます。非常に軽量で安定して360°画像を撮影することができます。

この記事は役に立ちましたか?

38人中23人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください